肌にいい果物は食べるタイミングが大事

肌にビタミンを多く与えて綺麗な肌にしてくれるのは野菜だけでなく果物でも多いです。果物には水分やビタミン、酵素などが多く含まれているため肌にも身体にもとてもいい食べ物です。

しかし、食べるタイミングを間違えると肌に悪影響を及ぼす恐れがあるのも果物なのです。

というのは、果物は朝食べるのが1番効果的でいろんな栄養素を摂取し体内で吸収することができます。特に何も食べていない空腹のときがいいので朝ごはんとして果物を食べると肌が綺麗になり美肌効果などにもなるでしょう。

食べるタイミングで逆効果
この果物をごはんの後のデザートとして食べる人も多いと思います。しかし、これが間違いで他の食べ物と一緒に胃の中に入ってしまうと消化されないまま体内にとどまり毒素などとして肌に影響が出てきてしまうのです。

結構このことを知らない人が多く私自身も知らずに夜ごはんのあとに果物を食べていたことはたくさんありました。しかし、夜に食べるより朝食べた方が肌の調子がよく化粧ののりもよかったのはこれが理由だからだと、このことを知って思いました。

夜に食べることがいけないのではなく食後に食べるのがあまりよくないので、もし果物を食べるとしたら空腹時に食べるようにしましょう。そうすれば体内を綺麗にできるうえ肌も調子がよくなるでしょう。ただ、果物の糖分などはエネルギーに変わるので朝に食べた方が頭も働きやすく仕事にもいいと思います。

また、もし何か食べたあとに果物を食べるとしたら1時間程度間を置いて胃の中のものが消化されたときに食べるといいでしょう。

このように果物は健康や肌にいいと言われますが、食べるタイミングによって肌荒れを起こす原因になってしまうことを覚えておきましょう。そして、果物に入っている肌に必要な栄養素や美肌効果になる成分を十分に摂取しニキビ知らずな綺麗な肌を作るといいでしょう。

東京出張マッサージ リンパマッサージ【東京ラヴィジュール】