お肉は料理の仕方でニキビを引き起こす

お肉が好きという人は多くお肉中心の食生活になる人も多いのではないでしょうか。お肉には鶏肉、豚肉、牛肉などがありこれらには飽和脂肪酸という脂肪酸が多く含まれています。これにはコレステロールを増加させる働きがあり男性ホルモンが活発になるので皮脂分泌が多くなることがあります。

しかし、私たちはある程度お肉を食べ脂を摂取する必要があります。そうしないと肌が乾燥しニキビや肌荒れの原因になるからです。

お肉の料理方法
ただ、気をつけないといけないことは料理方法です。料理法によってはバターをたっぷり使うこともあると思いますが、バターにも脂肪分が多いので皮脂の分泌が更に多くなってしまいます。

また、塩や胡椒などのシンプルな料理法でもかけすぎによっては塩分の摂りすぎや胡椒による刺激物は肌によくないのでニキビができてしまいます。他にも、チーズなどの乳製品を使うときには低脂肪などのものを選ぶようにして皮脂分泌を過剰に出さないようにしましょう。

特に男性はお肉が好きな人が多いと思いますし、外食でも食べることが多いと思います。外食で食べるお肉は油をたくさん使っていることが多いですし加工食品も多いので肌にはよくないことが多いです。

なので、できるなら自分で料理をした方が健康にもいいですし肌にはいい方法です。そのときは、なるべく脂身の部分を取るようにしましょう。そして、お肉を焼くとお肉の油が出てくるので焼く前の余分な油はあまりつけないようにしお肉の油で焼くようにしましょう。

特にベーコンなどはベーコン自身から油がものすごく出るので油を使わなくてもいいと思います。ただし、細かく切ったものなどは焦げやすいので多少の油は使うようにしましょう。

私はよくベーコンを食べるのですが、油を使わなくてもベーコンから出る油で十分に焼けむしろ油があまりすぎるほどのことがあります。そういう場合は、キッチンペーパーなどを使い油を取りできるだけ余分な油を肌に与えないようにしましょう。

ホームに戻る