そのニキビや肌荒れは食品添加物が原因かも?

ニキビができやすい原因は食べ物でよく使われている食品添加物だと言われています。食品添加物と言えば、合成着色料、防腐剤、保存料、化学調味料などが上げられます。子どもたちも大好きなお菓子であったり、コンビニで手軽に食べられるカップラーメンや加工食品などにも使われています。

思春期になると男の子も女の子もニキビができやすく悩む子が多いと思います。その原因はいろいろとあると思いますが、その理由の1つとしてはお菓子などの食べ過ぎが原因かもしれません。

お菓子によく使われている合成着色料や保存料など多く接種すれば肌へのダメージが大きくニキビになりやすいのです。

また、現在は冷凍食品の種類が多く保存できる期間も長いため買いだめをしておけたり、温めればできてしまうような食品がたくさんあります。時間もかからずすぐにできてしまう上に、味もおいしくできているのでこういった食材を買っていく人は多いでしょう。

お菓子をよく食べてしまう方は食生活のチェックを!
私も実際、小学生から中学生の頃はポテトチップスやプリンなどお菓子が大好きで夕食の前に買っては食べていたときがありました。当時はあまり自分では気にしていませんでしたが、今になって思い出すとニキビが顔中にあったことを思い出します。

大人になってお菓子を毎日のように食べていた子どもの頃と違いあまり食べなくなりましたが、たまにポテトチップスなどを食べるとニキビがすぐできてしまうことを大人になってから気づかされました。

私たちの周りにはすぐ買って食べれてしまう、なのに味もおいしくて便利な商品がたくさんあります。しかし、そういった食べ物は肌荒れやニキビの原因になる食べ物が多いのですし、アレルギーの原因になったり健康的にもよくありません。

疲れたときに甘い物が食べたくなることもあるでしょうし、時間がなく買ってすぐに食べなくてはいけないこともあるでしょう。なので、全く食べてはいけないとは言いません。ですが、なるべく食品添加物を使っているような食べ物は控えるように毎日の食事に意識をし綺麗な肌を保てるようにしましょう。

ホームに戻る