カフェインはニキビを悪化させつくりやすくする

疲労回復や眠気覚ましのために飲むコーヒは人によって1日に何杯も飲む人はいると思います。特に眠気覚ましによく、コーヒーの中に入っているカフェインが眠気によく効くと言われています。他にも脳を活性化させたり、疲労回復、利尿作用にもいいと言われています。またコーヒーだけでなくカフェインが入ってる紅茶や緑茶も同じことが言えます。

しかし、このカフェインが肌トラブルを引き起こしニキビを悪化させつくりやすくしている原因になっているのです。

カフェインは肌に悪い
カフェインには胃酸の分泌を増加させる働きがあるため胃が荒れやすくなってしまうのです。内臓の働きが悪くなると肌に影響が出てしまうので胃が荒れて傷めてしまうと当然ながらニキビができやすくなってしまいます。

このようにカフェインには肌トラブルを引き起こす原因があるためニキビに悩まされている人はもちろんですが、アトピー性皮膚炎の人なども飲むと悪化させてしまうと言われているのでなるべく飲まないようにしましょう。
もしカフェインを摂取しないとダメという人はなるべく朝に摂取するようにし夜は控えましょう。寝る前などに飲むことで眠れなくなる可能性が高く、睡眠をたっぷりとらないと肌に悪くまたこれもニキビができやすくなってしまうからです。
また、カフェインの過剰摂取は健康にも悪いと言われ、取りすぎてしまうと頭痛を引き起こしたり、自律神経を乱してしまう可能性もあります。

しかし、肌に悪いことばかりでもなくコーヒーにはコーヒーポリフェノールの抗酸化作用がありシミの原因になるメラニン色素が色素沈着する働きを防いでくれる働きがあるのでシミになりにくいとも言われています。

コーヒーを飲むことは悪いこととは言えませんが、過剰に飲み過ぎてしまうといろいろと問題を引き起こしてしまう可能性があるので、もしコーヒーを飲むならなるべく1日に1~2杯程度にするといいでしょう。コーヒー以外のカフェイン入りの飲み物もコーヒーと同様に飲み過ぎには注意し肌トラブルの対策をしましょう。

ホームに戻る