コレステロールが多い卵は1日に1個

卵には肌の機能を回復してくれる効果があり、またゆで卵のように肌をツルツルにしてくれる効果もあります。そのため、美肌を作るには欠かせない食べ物と言えます。

卵にはコレステロールが多い
しかし、卵にはコレステロールが多く含まれていて過剰に摂取してしまうと男性ホルモンが活発になり皮脂の分泌が多くなってしまいます。そのコレステロールは卵白にはほとんど含まれておらず黄卵にほとんど含まれています。なので、ダイエットや身体を鍛えている人はよく卵の白身だけ食べることが多いのです。

好きな人は何個も卵を使い料理したりゆで卵にして何個も1日に食べると思いますが、肌にいいと言われる摂取量は1日に1個程度がいいと言われています。

卵だけでなくよく使うマヨネーズにも卵は使われていますし、マヨネーズは特に脂肪分なども豊富なのであまり料理につけすぎないようにすることが大事です。他にも、うずらの卵やあひるの卵など卵類全般は食べすぎには注意が必要です。

また、コレステロールが多い食材はイクラやイカ、たらこなんかも多い食品です。お寿司などのネタでコレステロールが多いものは意外に多いので、お寿司は生だからヘルシーだと思っていてもそうでないこともあるので気をつけましょう。

何事もバランスの摂れた食事が1番のケア方法ですし予防方法です。肌やニキビにあまりよくない成分などが多く入っている食材や材料はなるべく使うのを控えるようにしたりコレステロール0などといった物もあるのでそっちを使うようにするといいと思います。

私の場合は特にマヨネーズが好きなので1度使いそうだけのマヨネーズを出したら2度は使わないようにするなどして過剰に摂取しないようにしています。だからといって最初に多めに出しすぎてしまうと意味がないので注意しましょう。

卵がアレルギーという人も多くいるくらいなので過剰に摂取はせず適度に食べることでニキビではなく美肌を作るようにしましょう。

ホームに戻る