ニキビ原因の代表、食生活の脂肪や油脂分を確認!

ニキビに悩まされている人は多いと思います。その原因は人それぞれあると思いますが、その中でも大きな原因の1つは食生活が原因とされています。その中でも油分が多い食生活をしている人はニキビになりやすく、またはニキビを治そうとしていてもなかなか治りにくいでしょう。

人は多少の油は接種する必要があり、3大栄養素と言われる炭水化物、タンパク質、そして油すなわち脂肪を摂る必要があります。これらは活動するためのエネルギーになったりホルモンや細胞膜などを作るためには必要な栄養とされています。また、油は皮膚に潤いを与え乾燥しにくくする働きなどもあるので適度に接種した方がいいでしょう。

しかし、過度な油分の摂り過ぎにはやはり注意が必要です。あまりに多くの油を摂っていると油分を多く摂りすぎのため肌も潤うどころか油が多過ぎてしまい、そのせいでニキビができやすくなってしまうのです。

こってりしたモノ、菓子やデザートの摂りすぎに注意
お肉やラーメン、ピザ、パスタ、菓子パンなど脂肪分が多い食べ物は多く子どもが好きそうな食べ物が多いです。また、男性が好みそうな食事に多く含まれていることがあるので比較的男性の方が油分の摂り過ぎでニキビができてしまう人が多いでしょう。

だからと言って、女性は安心してはいけません。女性は甘いものが好きな人が多くケーキやアイスクリームにも脂肪分は含まれています。特にその中でも生クリームは多く含まれているので注意が必要です。

顔がよく脂ギッシュで悩んでいる人は油分の摂り過ぎかもしれませんので自分の食生活を見直してみましょう。

油を摂りすぎるとニキビができやすいですが、過度に接種することで太りやすくなりますしコレステロールも増え健康的にもよくありません。なので、肌のことにしても健康のことにしても油は適度に摂るようにしあまり摂りすぎないように注意しましょう。

ホームに戻る