過度な塩分の摂り過ぎはニキビや肌荒れの原因に!

食事の味付けは人それぞれ好みが違います。味が薄めの方がいいという人やしっかりと味がついている濃いめの方がいいという人もいるでしょう。その味が濃い方がいいという人は塩分を多く摂っている可能性が高いです。これは実はニキビの原因になってしまいます。

肌の調子をよくするため、ニキビ肌を作らないために水分をよく摂った方がいいと言います。それは、よく水分を摂ることで身体の中に溜まった老廃物を汗や尿で排出することができるからです。

ニキビの原因は、身体に溜まった老廃物が排出されず溜まってしまうとそれがニキビとして現れてしまうのです。そのため塩分は水分を吸収しやすいため過度に摂りすぎてしまうと身体の必要な水分まで吸収されてしまい老廃物が排出されず、肌荒れを起こしニキビができやすくなってしまうのです。

料理をするときは塩分を意識する
味付けが濃い方がいいという人は、料理をするときになるべく味をいつもより薄くし塩分を控えめにするといいと思います。

例えば、醤油は少しでも味が濃いので使うときは少量にしたり、みそ汁を作るときは具だくさんにするなど工夫してみましょう。

しかし、それだけではありません。自分で料理をする場合でなくても特別味付けが濃いものでなくても意外に多くの人は塩分を多く摂っている可能性があります。

麺類や加工食品も塩分の摂り過ぎに
例えば、ラーメンなど麺類を食べるときに最後の汁まで飲むという人は多いのではないでしょうか。麺類は塩分が多く含まれているので具を食べるだけでも十分な塩分が取れています。

それに加え更に塩分が多い汁を飲んでしまうと摂り過ぎになってしまうのでなるべく全部飲まないようにしましょう。他にも、加工食品なども塩分が多く含まれているものが多いのでなるべく控えるようにするといいです。

味付けが薄い濃いの問題だけでなく、気づかないうちに普段食べているものは塩分が高めのものが多いです。

なので、料理をするときでも買って食べるときでも少し意識をしなるべく控えるようにしましょう。そして、もし塩分を摂りすぎてしまったと思ったら水分を多めに摂るようにし老廃物が溜まりすぎないようにしましょう。

ホームに戻る