食べ物以外にも食べる時間にも注意!

ニキビに効果的な食べ物はたくさんありますが、それと反対にニキビを引き起こす食べ物もたくさんあります。しかし、食べ物だけでなく食べる時間帯によってもニキビを作る原因になってしまうことがあるのです。

ニキビを作らないようにするにはバランスのとれた食生活に加え適度な運動も大切な方法です。もし、油っこいものを食べすぎたり肌によくないものなど偏った食生活が続いてしまったときは運動し汗を流すことによって体内の毒素を外に出し血行をよくして体内を綺麗にするといいでしょう。そして、もちろんバランスのいい食生活をすることが大事です。

夜食はニキビを引き起こしやすい
ということは、夜遅くにお腹が減ることもあると思います。夜食は太りやすいですが、そういったときに限ってラーメンなどこってりしたものが食べたくなることがあると思います。

しかし、やはり夜食に食べるとその後は寝るだけになることが多いと思います。そうなると、エネルギーを消化しないので余分に摂りすぎたエネルギーが脂肪に変わり太りやすくニキビを作ってしまう原因になるのです。

こってりよりはサッパリ系の食事
夕食もできるだけ遅くに食べるのはやめできる人は早めに食べるといいでしょう。また、夜疲れていると油っこいものやこってりしたものが欲しくなることが多いですがあまりそういったものよりはさっぱりとした消化に食べ物が好ましいです。

しかし、そうは言ってもやはり疲れているときは食べたいものを食べて疲れを癒したいと思うと思うので、食べるときは食べすぎに注意をし腹八分目にするように心がけましょう。

太りやすいと皮脂が多くなることが多いのであまり太りやすい時間や食べ物を避け健康のためにもバランスのいい食事を目指し健康な身体と綺麗な肌を作りましょう。

ホームに戻る